30秒で甘いものを食べたい欲求を回避するコツ

杏です。

 

 

昨日はある方からこんな質問を
いただきました。

 

「ストレスがたまって
甘い物をどか食いしてしまいます。

 

そうなるとダイエットで他のことを
頑張ってもどか食いしてしまったら
意味が無いと思うんです。

 

 

なにかそうならないために、
いい方法はありませんか?」

 

というものです。
ストレスがたまったり
疲れていたりすると

 

ついつい甘い物に
手を伸ばしてしまいがちになりますよね・・

 

いったん甘い物を食べると
ヤケクソになって

 

「もういいや!いっぱい食べちゃえ!」
「ダイエットは明日からでいいや」

ってことがありませんか・・・?

 

 

そんなとき
あることをすることで

 

 

甘いものを食べたい欲求を
減らすコツがあります。

 

 

それは
【できるだけ温かいものを飲む】

ことです!!

 

 

例えば・・・
ホットコーヒーに
砂糖を入れて飲みます。

 

そのコーヒーが冷めて
また飲んでみると
同じなのに甘さがちがう

ってことありませんか?

 

 

温かいコーヒーの方が
甘く感じるんです。

 

 

なぜならこれは、
味覚が低温では
鈍くなるから。

 

だから同じ量の
砂糖を摂取するならば、

 

 

温かいものの方が
断然甘みを感じるし、
満足感がUPするんです。

 

 

例えば
冷たいものの代表
アイスクリーム。

 

あまり実感ありませんが、
実はものすごい量の
砂糖が入ってます!

 

アイスクリーム(150ml)には
砂糖30g!

 

 

角砂糖は1個4gだそうですから
8.5個分の角砂糖を
食べてるわけです!

 

アイスを食べようと思ったけど
その後思い直して
お茶とかコーヒーに変更

 

これだけで
糖分摂取量を
だいぶ減らせます。

 

 

そして温かいもので心もホッと
満足すると

 

食欲、甘い物食べたい欲も
おさまったりしますよ^^

 

 

なのでもしあなたが
「甘い物食べたい」ループから
抜け出せなくなったら

 

まずは
【温かいものを飲んでみる】を
意識してやってみてくださいね☆

 

 

今の冬の寒い時期にも
ぴったりだとおもいます^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。