ラクして痩せたい!怠けたい!それでも次の朝には体重が減ってしまう方法とは?

然ですが、

あなたは「ダイエットに一番必要なものは?」

と聞かれたらなんと答えますか??

 

 

んばんは、杏です。

 

 

だんだんと涼しくなってきて、

食べ物がますます美味しくなってきました♪

 

 

そのおかげで

私もなぜか1キロほど太ってしまいました・・・

まあ、それはすぐに戻しますが♪

 

 

さて、この世の中に

楽して無意識のうちに痩せられる方法があったら、

 

あなたは

それを実践しますか??

 

 

それだけで痩せられるなら

だれも苦労しない!!と叫びたくなる気持ちは

わかります。

 

 

実際わたしもそうだったので。

 

 

れは

・毎日できることで

 

 

・何もしなくても良い。

 

 

とってーも楽ちんな方法です。

 

 

 

その方法とは。。。

 

 

 

寝るだけです!

 

 

なんだ、それだけかよ。

期待させんなよ。って思ったあなた。

ごめんなさい。

 

 

 

 

でもこれだけは言わせてください。

 

 

 

睡眠ほど

ダイエットに大切なものはないです

 

 

 

 

睡眠不足の日になぜか、

味の濃いラーメンや甘いものが

食べたくなることってありませんか?

 

 

 

それには実は原因があり、、、

 

 

 

睡眠不足になると、

食欲を増進させるホルモン「グレリン」が増え、

食欲を抑える「レプチン」が減ります

 

 

 

さらに、

甘いものやポテトチップス、

パンやパスタなどの炭水化物などが

欲しくなる傾向になります(´Д`;)

 

 

睡眠不足で食欲を抑える

レプチンが不足すると、

 

“お腹が空いている”

残念な状態をつくってしまいます。

 

 

 

食べ過ぎた

わけでもないのに太る。

 

それは睡眠不足が

影響している可能性が高いです。

 

 

 

では、睡眠をたくさんとるには

どうすれば良いのか?

 

 

もし、働いていて睡眠時間が

あまり確保できない。。。という人は、

睡眠の質を上げましょう!

 

 

・22時~2時の

ゴールデンタイムをはさんで寝る

 

 

痩せるホルモンである

成長ホルモンが出やすくなります。

 

 

成長ホルモンの脂肪分解力は

一日あたり300kcalあります。

 

 

一か月質のいい睡眠をとると

1キロ痩せる計算になります。

 

 

空腹で寝ることさえできれば、

成長ホルモンの分泌も

いい感じに促されて

 

次の日には

体重は落ちやすくなっています!

 

 

・寝る4時間前からは

何も食べないでプチ断食

 

 

なぜなら

胃にものが残っているような

状態で寝てしまうと、

 

 

痩せるホルモンである

成長ホルモンがでなくなってしまい、

痩せなくなってしまうからです。

 

 

ただし、

この成長ホルモンがでるためには

一つの条件があります。

 

 

それが空腹です。

 

 

 

空腹で寝る→

成長ホルモン出る→

脂肪分解→痩せる

 

 

満腹で寝る→

成長ホルモンが出ない→

中性脂肪増え→太る

という恐ろしい結果になります。

 

 

眠っているときにも

カロリーは消費されているので、

 

 

ゴールデンタイムに出る

成長ホルモンの分泌も合わせると、

ダイエットにより効果的です。

 

 

さらに、

睡眠の質を上げるには、

 

 

・遮光カーテンで光を遮る、

 

 

・寝る前にスマホをみない

(交感神経が刺激されて

眠りに落ちにくくなります。)

 

↑これはとくにしがち・・・><

 

・アロマなどを使ってリラックス♪

 

 

することも

効果があります!

 

 

一見ダイエットに

無関係のようにみえる

睡眠はとても大切なんです☆

 

 

忙しいひとも

いるかもしれませんが、

ぜひやってみてくださいね☆

 

 

痩せたらなにがしたいですか?

 

 

 

*杏*

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。